松山沖、灘沖で使うタックルは皆様ご存知でしょう。

ブリポイントで使うタックルについてのみご説明します。



ロッド 
6フィート前後でJigWt.Max180g〜210g位で十分対応できます。

リール
主なメーカー、スピニングでご説明します。
ソルティガで4000番位、ステラで6000番位が扱い易いでしょう。

ライン
PE2号〜3号までで。

4号では太すぎて潮に流され底取りができません。
ジグのロストに繋がりますので3号以上は絶対に巻かないでください。
(桁外れの大物でも3号で切れません)

高切れした場合に備えて予備は準備しておきましょう。


ショックリーダー
号数でご説明します。

ライン2号の場合はフロロ10号、3号はフロロ12号、ナイロン14号位で。
高価なジギング専用のリーダーを使われなくても安く売っている
「船専用リーダー」と書かれたフロロカーボンで十分です。
巻き数は4m〜6m位で。


ジグ
300g〜400g位をご準備して下さい。
潮流の速さにもよりますが、2号ラインで250g〜
3号ラインで300g〜が必要です。
センターバランスのタチカラー又はホロタイプのロングがいいでしょう。

(ジグ300g〜450gは船上でも格安販売してます!)


アシストフック
3/0〜5/0位の大きい針を1本付けて下さい。


ジャークパターン(アピール)
ヒット率の高いジャークパターンをご説明します。

着低後早巻きで4〜5回巻き上げ大きくジャーク、フォールさせる。
これの4回繰り返しでまたボトムへ。

着低後、早巻きで4〜5回巻きで上げ2秒のストップ。

これの4回繰り返しでまたボトムへ。

着低後、4〜5回早巻きのショートピッチ、2秒のストップ。

これの4回繰り返しでまたボトムへ。

これが重要です。↓
潮流の速いポイントでは低速1ジャーク1回巻きでは
ジグをターゲットにアピールしてません。
(潮に取られ糸ふけが取れるだけでジグが動いてません)

リールを上手く使いましょう!